グラマラスパッツに副作用はあるのか?何か対策はあるのか?

グラマラスパッツ副作用

 

グラマラスパッツは、多機能の加圧インナーです。
お腹やヒップ、太もも、ふくらはぎなど下半身全体をケアするレギンスタイプのオールインワンです。

 

そんなグラマラスパッツですが、副作用があるのでは?と噂があるようです。

 

その証拠に、グーグルの関連キーワードに「グラマラススパッツ 副作用」と表示されます。
※グラマラスパッツ 副作用が正しいです。

 

グーグルのサジェストキーワードや関連キーワードは、一定件数以上検索されないと表示されないので、副作用について何らかの噂があると考えて間違いないです。
それでは、真相を調べます。

 

 

 

 

グラマラスパッツに副作用はあるのか?

 

グラマラスパッツに副作用の危険性はどれくらいあるのでしょうか?

副作用という言葉は、一般的に医薬品に対して使うものなので、そういった意味では副作用の心配はありません。

 

しかし、グラマラスパッツを履いて身体に悪影響を及ぼすことは、まれにあります。
身体への悪い影響を副作用とすると、以下のリスクがあります。

  • @かゆくなることがある。
  • A湿疹ができて赤く腫れる。
  • B肌荒れがする。
  • Cむくんでしまうことがある。
  • D腰痛の原因となることがある。

 

 

副作用@〜B:かゆみや湿疹、肌荒れ

グラマラスパッツを履いて「かゆみ」が出る人もいるようです。

 

 

 

かゆみや湿疹、肌荒れが発生する原因は以下の2つです。

  • 素材繊維がお肌に合わなかった場合
  • 締め付けによる血行が悪くなった場合
  • 不潔にしていて肌荒れした場合

 

素材繊維がお肌に合わなかった場合

グラマラスパッツの素材は、ナイロンとポリウレタンなどの化学繊維を使っています。ナイロンとポリウレタンは、コットンやリネン、シルクなどの天然繊維と違って、安価な代わりに肌荒れがしやすくなります。

 

天然繊維は、合成化学物資などを使っていないので、お肌に優しいです。一方、化学繊維は静電気を起こしやすく、肌にダメージを与えます。
過去にナイロンやポリウレタンを使って肌荒れをした人は要注意。

 

 

締め付けによる血行が悪くなった場合

またグラマラスパッツを履くことで、足の血行が悪くなってかゆみの原因となることもあります。
血行不良になると、皮膚が乾燥してかゆみが発生するからです。

 

 

不潔にしていて肌荒れした場合

グラマラスパッツを履いたまま運動したり、夏の暑いときに履いたりすると、汗を掻きますよね。
汗を掻いているのに着替えないで、そのまま履き続けると、蒸れてきて雑菌が繁殖する恐れがあります。
場合によっては肌荒れします。

 

汗を掻いたら、着替えるように心がけましょう。また、こまめに洗濯することも大事です。

 

 

副作用C:むくんでしまうことがある

グラマラスパッツを履いて、足のむくみが解消されたという口コミが多くあります。
しかし、むくみが悪化することもあります。

 

小さいサイズを履いてしまって血流が悪くなったからです。

 

グラマラスパッツは、むくみ解消を目的で着用することも多いと思います。
血流悪化を防止するため、適度に脱着したり、あなたの身体に合っていないサイズを履かないようにしましょう。

 

 

副作用D:腰痛の原因となることがある

あなたの身体に比べて、小さいサイズのグラマラスパッツを履いていると、腰が痛くなる恐れがあります。
骨盤を圧迫し過ぎるからです。

 

 

特に寝ているときは、副交感神経優位にあって筋肉や骨盤が緩くなって疲れを取るべきなので、避けましょう。

 

 

 

グラマラスパッツの副作用の根本的な原因と対策は?

グラマラスパッツ副作用の原因と対策

 

グラマラスパッツの副作用が可能性は、少しかゆくなったなど、軽いものを入れるとあります。
色々細かい原因が考えられますが、根本的は以下の通りです。もちろん多少の例外はありますが、多くは強過ぎる締め付けに起因します。

加圧することで、血流悪化など体に悪い影響が出る。

 

この可能性は、どんな加圧系アイテムでもありますので、グラマラスパッツだけでなく、他の加圧スパッツも注意が必要です。
実際、国民生活センターが加圧スパッツや加圧レギンズの副作用の危険性について情報提供しています。

 

<出典:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110408_1.html

 

消費者へのアドバイスは以下の通りです。
引用します。

  • 加圧を利用したスパッツは、部位によって医療用の弾性ストッキングと同等以上の衣服圧のものがあった。特に「しゃがむ」姿勢をしたときに膝やふくらはぎの衣服圧が高くなり、加圧を利用したスパッツを着用することで静脈血が停滞しやすくなる可能性があった。同じ姿勢を続けない等、使い方には注意したほうが良い。
  • 自分の身体寸法を正しく把握し、サイズが適正なものを選ぶことが大切である。通信販売等では、商品を確認することが難しいため、購入の際には慎重に対応すること。また、着用時には、他の加圧製品(ハイソックスなど)との重ね履きや、まくれ上がり等使い方に注意する。

 

詳細が知りたい人は、国民生活センターが配信している以下のPDFを参照してください。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110408_1.pdf

 

文章が難しいので、分かりやすく書くと以下のようになります。

加圧スパッツを着用すると、姿勢によっては血流が悪くなって危険。膝やふくらはぎの衣服圧が高くなるからです。
血流が悪くなると、体のコリやむくみ、頭痛、倦怠感の原因となります。
場合によっては湿疹ができて赤く腫れることもあるようです。

 

では、対策はどうすれば良いでしょうか?
  • 同じ姿勢を続けない。
  • あなたの体をきちんと測定し、サイズが適正なものを選ぶ。
  • 重ね着やまくれ上がりのないように使い方に注意する。

 

 

加圧スパッツは、履き方によって副作用が発生する可能性が無いとは言えないので、長時間履いたときは着脱を繰り返したり、就寝時には夜用を着用したり慎重に着用してください。

 

 

 

 

まとめ(グラマラスパッツの副作用)

グラマラスパッツの副作用は、かゆみ、むくみ湿疹、腰痛などです。ほとんどの人は問題ありませんが、人によっては発生する恐れがあります。
副作用の根本的な原因は、サイズが合っていないことによる血行不良。

 

対策としては以下の3点です。

  • 長時間履いたときは着脱を繰り返す。
  • 寝ているときの着用はできるだけ避ける。
  • 正しいサイズのグラマラスパッツを購入する。

 

絶対に大丈夫だと言えないので、特にサイズ選びなどは慎重に行いましょう。

 

 


TOPへ